「私たちのトラベルジャーナル」がちゃこ&がちゃお+ちゃとらん(猫)の旅。CONTAX T3とCONTAXTvs DIGITALで撮っています。


by yoshikohiroyuki

<   2005年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

c0065600_2234375.jpg

(写真は左から肉まん、あんまん、まん頭)

台湾中部に行列の絶えない肉包(肉まん)とまん頭(花巻もしくは中華蒸しパン)
の老舗「振味珍」があります。
その味に惚れ込み、修行された方が世田谷に「鹿港(ルーガン)」という
お店をだされています。

以前All About Japan[台湾]で紹介されたときに買いにきましたが、
久しぶりにきてみました。

店頭では、開店前に待っているお客さまに
あとどれぐらいで蒸しあがるかを教えてくれたり、
整理券(1番でした)の配布などをしてくれて、
こと細かに対応がよくなっていました。
前回はとてもさわやかな奥様が本当に
一生懸命対応していらっしゃいました。
今回はスタッフの方が、
さわやかさを残したままで、
きぱきと接客されていました。
きっとご近所のよくこられるお客さまに
かわいがられていることでしょう。

さてお味。
まん頭(花巻もしくは中華蒸しパン)はほんのり甘く、
マシュマロのようにきめが細かく、
もちもちしていて柔らかいのです。
でもしっかりつくってあるのでお腹もけっこうふくれます。

今回驚いたのは、肉包(肉まん)が肉汁たっぷりで
おいしくなっていたこと。黒こしょうもきいています。
わたしは大阪の蓬莱555よりこちらのほうが好き。
お値段も衝動買いOKプライスでありがたいですね。

鹿港(ルーガン)世田谷区世田谷3-1-12(東急世田谷線上町徒歩2分)
電話03-5799-3031
営業時間11:30と15:30。売り切れ次第終了
木曜定休

c0065600_211869.jpg

c0065600_21183450.jpg

[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-30 21:28 | おいしいもの
c0065600_875539.jpgビシュエのジャンボシューです。
きまぐれ洋子ちゃんが、テレビで見て、どうしても食べたい!って言い出して、探すことしばらく。
吉祥寺ラーメンの春木屋の向かい、カフェビシュエにあります。
こちらでは工房もあり、作りたて新鮮ケーキとおいしいコーヒーが楽しめます。
ジャンボシュームリームの重さは、260グラムもあり、
女性だったら、四人で1つでいいかな〜。

クリームはカスタードではなく、あまり甘くないクリーム。
クリームチーズのようなさっぱり系。食べやすい!
シューの素材はしっかりしていて、おいしいです。
やはり100円ぐらいのシューなどとは違う。
おいしいシュークリームはシューもおいしいのですね。

こちらのスタッフの方々の対応がさわやかです。
おいしいケーキ屋さんで働くかたってすてきな人が多いです。
カフェビシュエ
ジャンボシュークリーム1コ735円
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-30 08:31 | おいしいもの
c0065600_964782.jpg吉祥寺の春木屋でラーメン(中華そば)を食べました。
相変わらず並んでいます。
店内には冷し中華のポスターが貼ってあり、もうすっかり夏!といった感じです。

今年はもうすでに何回も冷し中華を作って食べちゃいました.
3月ぐらいからスーパーに並んでいましたからね.でも早すぎませんか?
春木屋は、食べなれた味だからでしょう、やっぱり大好き!しょうゆラーメン。
ラーメン博物館で食べなかったのが悔やまれて。

その後、お向かいのピシュエで限定ジャンボシュークリームを買うという、
ダイエットとは無縁の一日でした。。。
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-29 09:13 | ラーメン
クレープがおししいバンコクのクレープ&カンパニー。こちらには、緑いっぱいのテラス席があります。タイの三角枕などもあって、のんびりするにはいいところです。
私たちは開店直後にいったのでまだ準備できていないということでテラス席に座ることはできませんでした。
そこには猫が朝寝?昼寝?状態。猫は居心地のいいところをみつけるのが得意。
くつろいでいました。
クレープ&カンパニー/BTS(スカイトレイン)アソーク駅から徒歩10分ぐらい
住所/18/1 soi 12, Sukhumvit Rd., Klongtoey
c0065600_91244.jpg
c0065600_8563676.jpg
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-28 09:06 | バンコク

スマイルバンコク

c0065600_9594374.jpg心に引っかかることを抱えたままで旅に出ても、その問題は解決しなし、旅行自体も楽しくないといっていた人がいました。その時は、そんなものかなとしか思いませんでした。

私たちがバンコク空港に到着すると、出迎えるように
こんなPOPがありました。
せっかくバンコクにきたら、いつも笑顔で楽しもうよというメッセージ。
旅行だとニコニコしちゃうものだと思っていましたが、
目的地に到着するまでにすっきり気分を切り替えられないときもあります。
Smile all the time!
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-27 10:11 | バンコク

コンタクトレンズ通販

目が悪くて、いつもソフトコンタクトレンズを使っています。
旅行に行くときにも、使い捨ては便利ですね。

最近インターネットで簡単に安く買えることを知りました。
店頭で私が購入した金額と比べたらえ?!というお値段でした。
店舗は維持費もかかるだろうから、
商品に上乗せしないといけないのだろうけど。。

いつもゆく、コンタクトレンズの販売店では、
必要なのかな?!という検査、眼圧を調べないといけません。
あれはとっても苦手。目をあけていて!といわれても、
びっくりして、つぶっちゃいます。
角膜に傷がついていないか、調べる必要はあると思いますので
ずっと眼科に行かないわけにはいきませんが、
眼圧検査は、いやだなあ。
コンタクトレンズ通販価格比較
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-26 17:20 | コンタクトレンズ

メモ帳ー旅の道具

c0065600_2256139.jpg
旅行に出ると、こまごまいろいろメモしたくなります。香港の日本城という100ショップのようなとこで、メモ帳を探したりと3、4年いろいろなメモ帳をとっかえひっかえ使ってきました。やっとこの1年落ち着いているメモ帳です。
このメモの気に入っているところは、
ゴムがついていてバッグにいれてもページが折れたりしないこと。
デザインが素敵。(あまりに事務的なものって寂しいし、キャラクター入りは恥ずかしいし)
うしろには透明ポケットが数枚ついていて切符やちょっとしたものを
いれておくことができる。
小さくて軽いこと。
(凝り過ぎていて、表紙&裏表紙が分厚かったり、プラステッィクだったり)
北欧ブームにのっかっていまはどこでも手に入るけれど。ブームが
終わった時が心配。

Rollbahn(ロルバーン)¥210
Delfonicsという日本の会社が作っています。
すてきな手帳で有名。
自由が丘のsixというステーショナリーショップも系列店だったなんて知らなかった。
新宿ルミネにSmithというショップをだしているそうでこれはいかないと!
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-25 23:21 | ステーショナリー

新緑ー代々木体育館横

c0065600_1646338.jpg
渋谷から原宿にぬける道が好きです。
混雑していないからいい、ってこともありますが
いまは新緑がきれいです。
こんなところは散歩にぴったりです。
実家にもイチョウの木がありますが、直径は10センチぐらい。2階の屋根を超えません。植えてから10年以上たっています。いえいえ、20年以上かも。近所の猫たちの格好の爪とぎの木になっちゃって。
見ていると木のそばを通るたびに、爪とぎをしている猫もいます。
それじゃあ、いつまでも幹は太くなれませんよね。
銀杏の表面って柔らかいから、なんとなく爪とぎしたくなるのでしょう、きっと。
それにしても「イチョウ」って変な名前じゃないですか。
漢字は銀杏(ぎんなん)って書くのに。調べてみたら、中国原産の銀杏の
日本語名は、「鴨脚」の中国語読みのyajiaoを転訛したものとあります
(広辞苑・岩波書店より)。

ところで昨日からちょっとブログの調子がおかしくありませんか?
画像がアップできなかったり、今朝はメンテナンス中でした。
それはエキサイトが悪いのではなく、
私のように重い画像をどんどん送る悪ブロガーがいるからでしょう。
ご苦労さまです。なので今日は写真1点ってことで。
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-24 17:02 | 自然
c0065600_18232690.jpg

私たちがオーダーしたのは、全聚徳北京ダックランチ4000円のコース。

・前菜ーピータン、白菜のマスタード和え、牛肉のしょうゆ煮、蒸し鶏
・アヒルのスープ
・たらの唐揚げと唐辛子炒め
・北京ダック(約14切れ)と
 荷葉餅(小麦粉の薄い皮。北京ダックをタレとネギを巻いて食べるため)
・豚の角煮としいたけ、きくらげのうどん(ミニサイズ)
・杏仁豆腐

目の前で、北京ダックを切り分けてくれます。
北京ダックが少ないなあ(笑)と思いましたが、ランチなので
こんなものでしょう。
北京ダックは、最初に胸の柔らかいところを数枚、
グラニュー糖をほんの少しだけ振りかけていただきます。

小姐(ウエイトレス)さんいわく、
「コレハ、オハダニ、オイシイデス!」
たぶんお肌にいいってことだと思います。

もし食べ方がよくわからない、または
小姐(ウエイトレス)さんの日本語が
よくわからなくても、
食べ方の説明書を持ってきてくれます。

北京ダックの味は、上海店と変わらないように思いました。
そとはジューシーでパリパリ、中のお肉もさっぱりしていて
おいしいです。
c0065600_1885436.jpg

c0065600_18102435.jpg

c0065600_18104193.jpg

c0065600_18105813.jpg

[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-21 18:13 | おいしいもの
c0065600_17394735.jpg

西太后の好物、周恩来総理が外交で使った全聚徳(ぜんしゅとく。
「聚」は集めるという意味)は秘伝のレシピで作られる北京ダックで有名。

70年代には東京芝公園にもあったそうですが、
最近、東京新宿に再上陸していると聞き、
上海で食べた北京ダックを懐かしんで
ランチコースを食べにいっていきました。
c0065600_17443377.jpg
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2005-05-21 17:45 | おいしいもの