「私たちのトラベルジャーナル」がちゃこ&がちゃお+ちゃとらん(猫)の旅。CONTAX T3とCONTAXTvs DIGITALで撮っています。


by yoshikohiroyuki
カレンダー

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

漢江遊覧船

c0065600_972954.jpg

クルーズは片道、往復、バイキング付きなどいくつか種類があり、
チケットを購入するときに、どのコースにするか伝えます。
時間帯によってはずいぶん待たないといけないコースもありますので、
あらかじめseoulNAVIなどで調べていった方がいいです。
c0065600_983683.jpg

乗り場は3ケ所ありますが、私たちは、地下鉄ヨイド駅から、
川に沿ったのんびりした公園を通り抜けて、チケットオフィスに向かいました。
c0065600_991975.jpg
(見えますか、遊覧船)
c0065600_910415.jpg
(チケットオフィス)
c0065600_9111065.jpg
(チケット)
c0065600_9115524.jpg

ヨイナルから17時半に出発して1時間ほどクルーズを楽しみました。
夕暮れにはまだ少し早いけれど、船内がすいていて、のんびりできました。
5月だったら薄手のジャケットは必要です。
船内アナウンスは、周辺建物や、この川をめぐる歴史について。
日本語もありますのでとても参考になりました。
なぜか、エンドレスで流れていた船内でかかっていた曲が耳について離れません(笑)
なんて言う曲なんでしょ?!
詳しくは、サイトで。担当の方によっては日本語もOK。
ヨイナル往復1時間で大人:9900W(20060502)オススメ★★
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2006-06-04 09:17 | ソウル

ソウルタワー

c0065600_237169.jpg

なぜだか、ソウルタワーを載せたくなりました。
なんとかタワーってあっちこっちにありますが、色使いといい、雰囲気といい、
ソウルタワーが好きになりました。
c0065600_2381132.jpg

ここはエレベーターへの入り口。このガラスとこの空間が好きです。

ソウルタワーへは、専用ケーブルカーで向かいます。
ケーブルカーの入り口は山の中腹にあります。
歩いていくのは、ちょっと遠い。南大門からタクシーで行きました。
ケーブルカーが到着すると、もうしばらく、階段を登り続けて、
大きなNという文字が見えたら、そこがタワーです。
c0065600_23122086.jpg

チケットセンターでは、各国の言葉で説明してくれるらしく、
「アナタチュウゴクジン?」っていきなり言われましたよ。
いつものことなので、驚かず、「否!日本人。」
c0065600_23142660.jpg

いったん地下へいきましょう。そっからエレベーターで上階へ。
c0065600_23151051.jpg

夕暮れのソウルはこんな雰囲気。これからどんなことがあるのかな!
と想った初日の夕暮れでした。
■ソウルタワー:大人ひとり14000W/ケーブルカー6500W(20060501)
オススメ度★★★
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2006-06-03 23:18 | ソウル
c0065600_18392510.jpg2006年のモンドセレクション、最高金賞を受賞したのは、セブンイレブンオリジナルブランド、極上のひとくち-フィナンシェでした。
c0065600_18394876.jpg
モンドセレクションの価値はさておいても、割合好きな味が多いのです。アジアでも、この賞を受賞しているお菓子は、はずれなし。
c0065600_1840951.jpg
受賞うんぬんはいいとして、一時のプロモーションのネタとして終わらせるのではなく、
ずっとずっと大切に続けて、ロングセラーに育てて欲しいな。いつでもココにある、定番のおいしさ!

「迷ったらベストセラーより ロングセラー」いろいろなカテゴリーに
当てはめています。
■セブンイレブン-極上ひとくちシリーズ
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2006-06-03 18:41 | モンドセレクション
c0065600_23111828.jpg

今更エディバウワーもないでしょうが、からだ、やわらか〜い。
別角度でも見てみましょう。
c0065600_23121498.jpg

リラックス〜。もちょっと寄って見ましょう。
c0065600_23132429.jpg

[PR]
by yoshikohiroyuki | 2006-06-02 23:18 | ちゃとらん
c0065600_19575774.jpg

ソウルには、模範タクシーと一般タクシーと2種類ありました。
模範タクシーは黒塗りで、一般タクシーは白です。模範タクシーは英語も通じることになっています。

模範タクシーには、1回だけ乗車しました。目的地が運転手さんのわからないところでも、携帯で電話して調べてくれるなど、親切ですが、初乗りは、4900W。

それに比べて初乗り1900Wの一般タクシーは知らない場所には、地図を見せてもいきたがらないし「オレの知らないところに行きたいんだったら、模範タクシーに乗れば???」とけんもほろろ。

個人差がはっきり出てしまい、やる気のある人にあたるまで、根気よく探さなりませんでした。そんなに景気がいいとも思えないのだけれど、お客を選んでいて大丈夫?!と余計な心配をしてしまいました。

そしてどちらのタクシーモ、目的地に到着しても、支払いが終わるまでメーターを止めません。お金は、目的地につくまでに用意しておいたほうがいいのですね。目的地での課金なんてつまらないし。
[PR]
by yoshikohiroyuki | 2006-06-01 20:03 | ソウル